就業規則・社内研修・賃金制度・人事評価・高年齢者雇用・セミナー・執筆     坂本直紀 社会保険労務士法人

坂本直紀 社会保険労務士法人 電話番号-坂本直紀 社会保険労務士法人
YouTube  フェイスブック  ツイッター  お問合せ・ご相談
満足のいく人事労務管理−就業規則、研修は坂本直紀 社会保険労務士法人へ

プロフィール

資料ダウンロード

事業概要・内容

セミナー・講演・社員研修

出版実績

雑誌掲載

メディア取材


執筆紹介

「働き方改革関連法」改正にともなう就業規則変更の実務
「働き方改革関連法」改正にともなう就業規則変更の実務 (共著:清文社 2018/10/29)
詳しい内容はこちら

改訂5版 就業規則ハンドブック
改訂5版 就業規則ハンドブック (共著:経営書院; 改訂5版 2017/7/29)
詳しい内容はこちら

ストレスチェック制度 導入と実施後の実務がわかる本
ストレスチェック制度導入と実施後の実務がわかる本 (日本実業出版社 2015/12/17 発行)
詳しい内容はこちら

職場のメンタルヘルス対策の実務 第2版
「職場のメンタルヘルス対策の実務 第2版」(編著:民事法研究会 2013年3月15日発行)
詳しい内容はこちら
執筆実績一覧へ

坂本直紀のビジネスブログ

無料提供ノウハウ

モデル就業規則・規程例
様式例    
就業規則テーマ別解説  
法改正・新法情報 
事務所レポート  

ブログ

社労士・診断士坂本直紀の今日の日経注目!
今日の日経注目!

社労士・診断士坂本直紀のバーニング
日常の出来事など
トップページ  最近の裁判例からみた人事労務管理の改善提案  身だしなみ基準

最近の裁判例からみた人事労務管理の改善提案

14.身だしなみ基準
〜合理的な制限とは〜
<Y社(身だしなみ基準)事件・東京地判平22.3.26 労判1006‐49>


1 事件の概要
 会社は、通常、就業規則等に服務規律を定めますが、これを厳格に適用することは難しいことがよくあります。今回の裁判では、職員Aの長髪やひげにつきまして、Y社が「身だしなみ基準」を厳格に適用させて人事評価の引き下げや賃金カット等をした結果、Aが違法と主張して損害賠償を請求しました。

2 裁判のポイント
裁判のポイントは以下のとおりです。

1.労働者の服装や髪型等の身だしなみは、もともとは労働者個人が自己の外観をいかに表現するかという労働者の個人的理由に属する事柄であり、髪型やひげに関する服務中の規律は、勤務関係又は労働契約の拘束を離れた私生活にも及び得るものであることから、そのような服務規律は事業遂行上の必要性が認められ、具体的な制限の内容が、労働者の利益や自由を過度に侵害しない合理的な内容の限度で拘束力を認められるべきである。

2.Y社が新たに公社身だしなみ基準を定めたことは、郵政公社が郵政民営化を控え、一般の私企業と同様に、顧客に対する満足度の向上を図り、郵政公社に対するイメージを向上させるための企業努力の―環として行われたものと認められ、これを定める必要性と一定の合理性が認められるというべきである。(中略)

3.Y社における服務に関し男性の長髪及びひげは不可とする灘局基準1・2並びに窓口業務を担当する男性職員のひげは不可とする公社基準2は、いずれもこれを長髪及びひげについて 一律に不可と定めたものであると解する場合には、Y社に勤務する男性職員の髪型及びひげについて過度の制限を課するものというべきで、合理的な制限であるとは認められないから これらの基準については「顧客に不快感を与えるようなひげ及び長髪は不可とする」との内容に限定して適用されるべきものである。
 したがって,前記認定のとおり整えられたAの長髪(引き詰め髪)及び整えられたひげは、いずれも、公社身だしなみ基準及び灘局身だしなみ基準が禁止する男性の長髪及びひげには該当しないというべきである。

 そして、Aに違法な人事評価による賃金カット相当額と慰謝料を支払うよう命じました。

3 裁判から学ぶこと
 今回の事例のように、一方的に会社が厳しい基準を作成して、違反者に対して懲戒処分や、人事評価引き下げ等を行いますと、トラブルになるリスクがありますので、この点は注意が必要です。
 まずは人の好みは様々であり、価値観の多様化を認めるべきです。しかし、同時に職場は業務遂行の場ですから、業務に支障を与える格好は避けてもらわなければなりません。
 従って、労使で職場での格好は「どこまで許されるのか」、「いきすぎとは、どの程度か」等をよく話しあって、その上で労使が納得できるガイドライン等を作成して、社員に周知徹底することで、良好な職場環境の形成を図ることがよいと考えます。 
フッター
当社との取引について
基本的に就業規則の改訂、社内研修、人事制度の見直し、セミナー等は全国対応です。

手続き業務については、主に以下の地域について実施します。
◎東京都
世田谷区、渋谷区、目黒区、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、 江東区、品川区、大田区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、武蔵野市、三鷹市、西東京市、国分寺市  
◎神奈川県
  川崎市、横浜市
◎埼玉県
◎千葉県
その他の地域についてもお気軽にご相談ください。
フッター
個人情報保護方針著作権・免責事項リンク人事・労務イノベーション研究会
法改正情報モデル就業規則・規程様式例就業規則テーマ別解説事務所レポート
経営診断就業規則作成・変更人事制度改革賃金制度改革高年齢者雇用対策
労働社会保険手続き経営労務顧問セミナー執筆日経注目一覧
フッター
Copyright (C) 坂本直紀 社会保険労務士法人 All rights reserved
フッター