動画プログラムリスト



「パワハラを防止するためには」について解説させていただきました。

パワーハラスメントの発生を防止するためには、これと真逆、すなわち正反対のことを行うことが重要です。

そのためには、職場内コミュニケーションの円滑化を図る必要があります。

コミュニケーションを円滑にするには、「社員の愛の4原則」が基本です。

人は感情で動きます。
感情には良い感情と悪い感情があります。

そこで大切になるのが、いかにして会社や仕事に対して良い感情を社員が抱くようになるかです。

そのためには、まずは会社が社員を愛することです。

その結果、会社にとって社員が良い感情を得ることになり、良好な職場環境が形成されます。
そうなれば、パワーハラスメントといった職場環境を悪化させる行為の未然防止につながります。

「社員の愛の4原則」は、次の通りです。

(1)名前を覚える、名前をいう
(2)あいさつする
(3)ほめる
(4)感謝する 

これらは、基本的に、コストはほとんど発生しません。
しかし、とても効果的です。
是非、実践して下さい。

<メルマガの登録・解除はこちらからどうぞ>
■ メルマガ登録・解除・編集フォーム
個人情報保護方針をご覧頂き、E-mailアドレスを入力下さい。


トップページ会社概要事業概要お役立ち情報お客様の声FAQ
個人情報保護方針著作権・免責事項リンク 特定商取引法に基づく表記人事労務イノベーション研究会
Copyright (C) 坂本直紀 社会保険労務士法人 All rights reserved